事例集

統合型GISシステム導入

鹿児島県 中種子町 様

システム概要
システム名概要
地籍調査支援システム
  • 現在進行中の地籍調査事業の支援
  • 調査票の作成、H工程成果のとりまとめ、原図管理
一筆情報管理システム
  • 地籍調査実施済み地区は地籍図、未調査地区は地番図を利用した中種子町全域図の維持更新。土地情報の管理業務の実施
  • 更新地図データの各課への提供
  • 地図交付、座標値提供等の住民サービス
農地地図情報及び台帳照合システム
  • 中種子町全域図を基図に、農地の適正利用のための農地地図・農家台帳の一元管理を実施
農振管理システム
  • 農業振興地域の調査のための資料作り、及び農業振興地域の情報をシステム上で管理。農振の見直しを行っています
具体的説明
  • 今までアナログ管理を行っていた資料をすべて電子化しシステム管理することで、資料の削減、検索時間の短縮化が実現(システム導入課に限る)
  • 今まで必要な情報を各課へ閲覧にいっていたが、導入課ではシステム上で必要な情報を最新の状態で閲覧することが可能になり、業務が効率化された